Google Apps Scriptで日本語の引数を受け取りたい

Yahoo! Pipesのサービスが終了してしまったので、RSSをフィルターするアプリをGoogle Apps Script(GAS)で作っていました。
ほぼほぼできあがったところで欲が出てきてしまい、「引数を日本語対応させたいなぁ」と考えてしまいました。

で、対応させようと思ったら思いのほか面倒だったのでメモを残します。
この先はGASに興味の無い方にはどうでも良い内容だと思う(しかも無駄に長い)ので、続きが気になる方は無駄に長い事を覚悟の上で「続きを読む」からどうぞ。
続き▽

このエントリーをはてなブックマークに追加

| プログラミング::Google Apps Script | 02:26 PM | comments (2) | trackback (0) |

8 years ago on this day

SilverWeekはScriptWeek

もうすぐ10月です。
Yahoo! Pipesがもうすぐ終了してしまいます。

いちおうPipesはバックアップを取ったのですが、おそらく使わないかなぁ…(pipes2pyの使い方がわかってないので)
あとは、Yahoo! Pipesのリファレンスを一通りhtmlで保存しておいたり。

pipes代わりのGoogle Apps Scriptですが、シルバーウイークの間にやりたい機能の8割は実装できました。
ただ、ログを書き出したりエラー時の処理をまだ実装していないので、その辺の作り込みを追々やらないとですね。


このエントリーをはてなブックマークに追加

| プログラミング::Google Apps Script | 03:10 PM | comments (0) | trackback (0) |

こんな事するGoogle Apps Script探しています

後釜探しに難航しているYahoo! Pipesですが、今のところGoogle Apps Script(GAS)を本命として進めています。

やりたい事は今のところそんなに無い。
1) RSSを特定の条件でフィルタリングする 重要度[A]
2) RSSの要素を加工する 重要度[C]
3) htmlをXPathを通してRSSっぽくして、上記1,2の処理が出来るようにする 重要度[D]
4) 加工済みのRSSをRSS(1.0でも2.0でもJSONでも)出力する [重要度A]

ひとまず上記の1~4が出来るGASがあればそれで当面は事足りそう。
とは言え現状はこんなものだけど、既存のPipesを解析していったらもっと機能が必要になるかもしれない。
そんな事態に備えて今のYahoo! Pipesのリファレンスがオフラインで見られるものが欲しいのだけど、有るかなぁ?

※(2015/10/24 追記)
RSSをフィルターするGoogle Apps Script『FilterRSS』作りました。よろしければご利用ください。→配布ページ

このエントリーをはてなブックマークに追加

| プログラミング::Google Apps Script | 11:05 PM | comments (0) | trackback (0) |

4 years ago on this day
6 years ago on this day

NEW ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK

最近の10曲(from Last.fm)

最近のお気に入り動画(from ニコニコ動画)

自分用新刊カレンダー

つぶやき

PROFILE


ARCHIVES

<前月 2018年11月 次月>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

CATEGORIES

LINK

OTHER

合計:18405
今日:44
昨日:371

POWERED BY